03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

<トロフィーブログ> 絵本式生活

なにげない日々の生活の中で ふと絵本のことを思い出す。 これからも絵本をよんでくらしていこう。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ふりかえれば名探偵 


「ふりかえれば 名探偵」 作 杉山晃 絵 中川大輔

 このまえの休日、夕方近くになり子どもたちが本屋に行こうと言うので
じゃあということで行くことに。
本屋ではこどもたちが本を見ていろいろ選んでいます。
そして、気に入った本を見つけ「ねえ、この本買って~」とおねだり。

ぼくは本屋さんに行ってこどもがほしい本があれば出来るだけ買ってあげたいと思っているけど
今は給料日前でちょっと厳しいんですけど・・・
(自分の欲しい本があの棚にあるけど給料待ち状態だし)
でも子どもたちはそんなことお構いなし。

 ぼくはちょっと迷ったけどいろいろ忙しくなってきた子どもたちと
また本屋に行く機会はいつになるか分からないから
「えいや!」と2冊を持ってレジへ行きました。

 子どもたちも適当に喜んでやれやれということで
自分の欲しい本との給料日後の再会を約束して本屋を後に。
家ではさっそく子どもたちは買ってきた本を開き読み始め、僕はお風呂に。
出てくると「もう読み終わったよ」とさっきまで開かれていた「ふりかえれば名探偵」は
パタッと閉じられています。「お~なんていう秒殺!」

 この本は書名の通りミルキー杉山が事件の謎を解く探偵モノで事件編と回答編に分かれている本。
事件編を読んで自分で推理して犯人を探す。そしてわかったら回答編をみる。
ギブアップして回答編をめくろうとすると
「あ!もう、こたえみちゃうの?よく見ればわかるのになぁ」などと
書いてあって推理を楽しむ本になっています。

 こどもたちに「全部推理したの?」と聞くと
「ううん、すぐに回答読んじゃったよ」と平然としています。
我が家の子どもは回答編の警告をもろともせず読破してしまったのです。
まずぼくが思ったのは
「給料日前に自分の欲しい本を我慢してまで買ってあげた本なのにもったいな過ぎる」
「せめてあれこれ推理して元をとってほしかった」というお金に関することでした。

 ぼくは普段、この手の本はあまり手に取らないけど
今回はぼくだけでも元を取ろうと読み癖もついてないピカピカの本を手に取り読み始め
こどもに言うでもなく「この本は推理しなければ本当のおもしろさはわからないんだよ」と
ぶつぶつ言いながら犯人捜しを楽しみます。
そして犯人を突き止め得意げにこどもに言って聞かせ、いざ、回答編へ。
名探偵気取りで快感に浸ります。
これで一気にミルキーファンにもなり「十分元を取った気分」にもなり
穏やかな気持ちで休日が終わっていきました。

 そんなことがあった休日は父の日。
こどもが小さい頃は幼稚園で「お父さんありがとう」などと
書いてある似顔絵を描いてきて良くもらったものです。

 でも今は・・・
だんだん大きくなったこどもたちからそんなプレゼントはなし。
逆に本買ってあげてるし・・・
(確か先月の母の日にはこどもたちがショートケーキをプレゼントしていたような気が・・・)

 数日後、仕事から帰るとテーブルの上に図書館から借りてきた名探偵シリーズが山積みになっていました。
こどもたちは回答編をめくりたい気持ちを抑え数々の難事件に挑み格闘しているとのこと。
ぼくはその姿をみて「ああこれは最高の父の日のプレゼントだな」と思いうれしくなりました。
そしてぼくもさっそく名探偵の仲間に入れてもらいこどもたちと一緒に難事件に挑むのでした。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ



スポンサーサイト

Posted on 2015/06/27 Sat. 17:07 [edit]

category: 絵本式生活

TB: 0    CM: 0

27

西村繁男さん原画展に行ったこと 



昨日は真鶴にある「飛ぶ魚」というギャラリー&カフェで行われた
西村繁男さんの「やこうれっしゃ」原画展とトークショーへ行ってきました。

当初は娘二人と行く予定にしておりましたが
上の子は友達と遊ぶ約束をしたとのことでふられ
下の子と二人で行ってきました。

まあまあそんなもんでしょうね
ということでめげることなく
ちょっとしたショートトリップ気分で、
お弁当とおやつをもって早めに出発しました。

そして真鶴へ着くなり公園でサッカーをし、まだ時間がたっぷりあったので
真鶴半島の先端近くにある
パターゴルフ場でゴルフをしてそこで海を見ながらお弁当を食べました。

そんなこんなでいい時間になりいよいよ飛ぶ魚さんへ行き
イベントに参加しました。

飛ぶ魚さんは真鶴の高台にあり眼下に真鶴半島をすべて見下ろすことのできる
ロケーション抜群の所にありました。

なんだか、ここから見る真鶴半島の眺めはおでこが禿げ上がってきて中央部分だけが残っている頭のように見えます。
この光景は半島の中では恐らく最小の部類に入るであろう真鶴半島ならではのものなのでしょう。

今回は「お子様と一緒にお越しください」とのことでしたので
まずは子供たちを含めみんなで西村さんの「あからん絵」を使って
絵の中の「へ」が最初につく言葉を出来るだけ多く探すというゲームで
盛り上がり、僕たちチーム3人が優勝?して娘も大喜びでした。


そのあとはいよいよトークショーということで
子供たちは子供コーナーへ行って遊んでおいでということになり
娘は他の参加者の人と話をしている僕の所に
「パパ、パパ、行ってきていい?」を元気よくそして無理やり割り込んで来て
「はいはい行ってきな」というと一目散に階上へと消えて行きました。

小さい頃はなんだかもじもじしてまとわりついていたことも
あったような、なかったような感じもしますが
こういう時はホント楽になったなぁと真鶴半島に自分を照らし合わせる訳ではないけれど
無意識に海からの風に髪の毛を抑えながら思うのでした。


そういう状況で心おきなく僕の大好きな絵本作家である西村さんのお話も
お聞きすることが出来るというわけで
西村さんの絵本作りを始めたころの話や創作秘話そして
絵本作りがまだ冒険に満ち溢れていた頃の話まで夢中で聞きあっという間の時間が過ぎて行きました。

そしてチラホラ階上から子供たちも降りてきましたがなかなか娘は降りてこないので
先ほどのお話も踏まえてもう一度原画を見たりしていましたが
なんだかこっちの方が手持ち無沙汰になり階上へ行ってみると
「あ、いたの」みたいな感じで寄ってきて「折り紙でパックンチョ10個作ったよ」と
それが入ったポケットをパンパンとたたいて見せました。

「ともだちと作ったの」と聞くと
「ううん、誰も知らないから一人でずっと作っていたんだよ」と娘。
「もう下に行く?」と聞くと「まだ、シャボン玉やるんだってさ」と
ささっと向こうへ行ってしまいました。
なんだかその姿が妙にかわいく、愛おしい気持ちでいっぱいになりました。

ぼくは「下でクッキーがもらえるよ」と食べ物で誘い
真鶴半島を見ながらクッキーを頂き「今度ここ、みんなで来ようよ」という娘に
「そうだね、みんなで来よう。じゃあそろそろ帰ろうか」と言って帰り仕度をはじめました。



*西村繁男さんの「やこうれっしゃ」原画展は6月14日までやっていますので
 ぜひ足を運んでみてください。(金・土のみ開催)

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2014/05/11 Sun. 15:08 [edit]

category: 絵本式生活

TB: 0    CM: 0

11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。